ネバーランド・ランチ遂に売却決定!!購入者はロンバークルというお金持ち?

ネバーランド・ランチとは?

ネバーランド・ランチとはあの超有名歌手のマイケルジャクソンが所有していた豪邸です。

 

1988年にマイケルジャクソンが購入し牧場だったものを遊園地に変え家族や子供たちが楽しめる場所にしました。

 

マイケル・ジャクソンが2009年に亡くなってからシカモア・バレー・ランチいう名前に変わりました。

 

この豪邸はアメリカカリフォルニア州の土地に建てられており広さは1100ヘクタールで東京ドームで表すと約235個分の面積の広さになるという!トンデモない広さですね!!

 

マイケルジャクソンのYoutubeチャンネルはこちらを↓↓

マイケルジャクソン公式チャンネル

 

ネバーランド・ランチの売却までの経緯

2015年に一度、1億ドル(約100億円)で売りに出たが買い手が付くことはありませんでした。

 

昨年の2019年には3100万ドル(約32億円)にまで価格が下げられ販売されています。

 

そして今回、2020年12月24日に2200万ドル(約22億円)の値段で売却されました!

初めて売却されて約5年で買い手が付くという結果になりました。

 

22億円での購入ということですがいくら欲しくてもお金持ちしか買えないレベルですね。

いつか億レベルのものを買ってみたいものです(笑)

購入者は一体どんな人?

ネバーランドを購入した人物はロンバークルという方で、マイケルジャクソンとは友人関係であった人です。

 

ロン・バークルさんは食料品店の息子で13歳の頃から市場に出て働いていたそうです。

 

ロンバークルさんは1986年に民間投資会社ユカイパを創設した一人で純資産は1億4000万ドル(約134億円)の超お金持ちです。

 

いくら成功者だとしてもここまでのお金持ちになるのは少しレベルの違うお金持ちですね(笑)

 

最後に画像でわかりやすく

※クリックして拡大