ENHYPEN(エンハイフン)メンバー7人のプロフィールを総まとめ!名前・年齢・身長は?

BELIFT LAB(ビーリフラボ)所属、7人組ボーイズグループ「ENHYPEN(エンハイフン)」。

 

※「ENHYPEN」の読み方は「エンハイフン」「エンハイプン」や韓国語では「エナイプン」などのグループ名で呼ばれていますが、この記事ではエンハイフンで統一していきます。

 

ENHYPEN(エンハイフン)は2020年9月18日にサバイバルオーディション番組『I-LAND(アイランド)』を通じて結成されヒスン、ジェイ、ジェイク、ソンフン、ソヌ、ジョンウォン、ニキの7人がメンバーに選出され2020年11月30日にデビュー曲「Given-Taken」でK-POP界に進出しました!

 

ENHYPEN(エンハイフン)のデビューアルバムは28万枚を超える初動売り上げを記録しK-POP第4世代グループの筆頭として存在感を現しています!

ENHYPEN(エンハイフン)について

ENHYPENが誕生した『I-LAND』とは?

I-LAND(アイランド)』とはBTSやTOMORROW X TOGETHERなどが所属する韓国の芸能事務所Big Hitエンターテインメント(現:HYBE)と人気サバイバルオーディション番組「PRODUCE」シリーズで知られているCJ ENMが共同で制作した大型オーディション番組です!

 

Big HitとCJ ENMは『I-LAND』のため2019年3月にBELIFT LAB(ビーリフラボ)を共同設立し約3年と200億ウォン(約20億)もの製作費をかけ次世代K-POPグループを発掘・育成を目的とした大型プロジェクト『I-LAND』を決行しました!

 

オーディションではおよそ3000坪の広さを誇る巨大施設「I-LAND」を用意し23名の練習生がデビューを目指す舞台を繰り広げました!

 

『I-LAND』は2020年6月26日~9月18日の期間にPart1とPart2の2部制で放送。初回からI-LANDもサバイバルオーディション番組ならではの過酷で厳しい試練が練習生たちを襲いました。

 

I-LANDにはなんと12名の練習生までしか足を踏み入れることができずその枠を決める「入場テスト」が最初に始まります。

 

入場テストでは16名が合格しましたが、あくまでも"I-LANDに入れるのは12名"までということで残りの4人は練習生による退場投票によって脱落者を決めることに。

 

合格した練習生はデビューに近い上位チーム「I-LAND」。脱落した練習生はデビューのチャンスから離れてしまった下位チーム「GROUND」へと分かれることになりました。(I-LANDの参加者を「I-LANDER」、GROUNDの参加者を「GROUNDER」と呼びます)

 

こうして始まったオーディションは各テストを通じてI-LANDERとGROUNDERが入れ替わりながらPart1の最後に次のPart2に進む練習生をプロデューサーと視聴者によるグローバル投票から選ばれることに。

 

結果、プロデューサーとグローバル投票によって12名の練習生たちがPart2に進出。ですが、I-LANDから誕生するグループのメンバーは”7人”と発表され競争が激しくなっただけでなく今まで以上の実力を発揮し勝ち残らなければいけません!

 

Part2から降格者は”脱落者”に変わりテストが行われる度に「プロデューサー評価or視聴者グローバル投票」の最下位のメンバーが脱落することになります。

 

最終的に9人の練習生が「最終テスト」に進出。「I-LAND」Part2の最終回は日韓同時生放送に加えBTSとTOMORROW X TOGETHERの先輩グループが出演しました。

 

デビューメンバーは視聴者投票から6名、プロデューサー評価の1名で決定されました。

 

【視聴者投票順位】

1位ジョンウォン
2位ジェイ
3位ジェイク
4位ニキ
5位ヒスン
6位ソンフン

プロデューサー評価では視聴者投票8位であったソヌが選ばれ7人組ボーイズグループ「ENHYPEN」が結成されました!

『I-LAND』シーズン2の制作が決定!

2022年上半期の放送を目処に『I-LAND 2』の制作が進行しています!

 

ENHYPENと同様グローバルで活躍する次世代グループの発掘を目的に今回はガールズグループの誕生を目指していきます!

 

女性版『I-LAND』にも是非注目していきましょう!

グループ名の由来

グループ名「ENHYPEN(エンハイフン)」は連結記号の「-(ハイフン)」のように、それぞれ違った7人の少年たちが繋がりを通じて発見・成長をしていくという意味が込められています。

 

ENHYPENの色々な読み方

ENHYPENには「エンハイフン」「エンハイプン」「エナイプン」などいろいろなグループ名の呼び方があります。

 

ENHYPENの日本公式読みは「エンハイプン」。連結記号「-(ハイフン)」の英語”HYPHEN”が韓国読みとなったもの。(韓国語では”F”の音が”P”で発せられます)

 

エンハイフン」はHYPHENが日本語読みになったもの。

 

ハングル表記では「엔하이픈」となり韓国の発音から「エナイプン」と呼ばれています。

 

またこの”エナイプン”を略して「エナプ」や「イプニ」などとも呼ばれています!

ファンクラブ名

ENHYPENのファンクラブ名は「ENGENE(エンジン)」です!

 

ファンがENHYPENを常に成長させる動力(エンジン)となると共に、ENHYPENとファンのGENE(遺伝子)で「連結・発見・成長」を一緒にしていくという意味が込められています!

ENHYPENのデビュー曲

ENHYPENのデビュー日2020年11月30日にリリースされたデビューアルバム『BORDER : DAY ONE』のタイトル曲「Given-Taken」がデビュー曲です!

 

この「Given-Taken」はI-LANDという長い旅を終えた7人のメンバーがデビューという新たな出発点で複雑な感情を込めた楽曲になっています。

 

MVは公開から25時間で1000万回を超え初動売上28万873枚を記録しました。また、K-POPボーイズグループで3番目に多いデビューアルバムの売り上げを記録しました。

ENHYPENの日本デビュー

ENHYPENが韓国でデビューしてから約7カ月後の2021年7月6日にデビュー曲「Given-Taken」の日本語バージョンをタイトル曲に日本デビューを果たしています!

 

日本デビューシングル『BORDER:儚い』は日本デビューしたK-POPボーイズグループの中で歴代1位となる初週売り上げ20万枚以上を記録しました。

 

また、初の日本オリジナル曲「Forget Me Not」は日本アニメ『RE-MAIN』のオープニングテーマ曲に抜擢!

 

その後2022年2月22日にデジタルリリースされた日本オリジナル曲「Always」でも高畑充希主演ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』の主題歌に起用されており、日本での活躍も高まっています!

 

ENHYPEN(エンハイフン)メンバープロフィール

ヒスン/HEESEUNG

この投稿をInstagramで見る

 

ENHYPEN(@enhypen)がシェアした投稿

名前イ・ヒスン(이희승)
生年月日2001年10月15日
出身韓国 京畿道 義王市
身長180cm
血液型A型
趣味ゲーム

ENHYPENの最年長メンバーのヒスンは、Big Hitエンターテインメント(現:HYBE)の元練習生で、2019年にデビューした5人組ボーイズグループ「TXT(TOMORROW X TOGETHER)」のデビュー候補でした。

 

韓国の芸能学校で有名なハンリム高校の入学試験の際に、多数の芸能事務所関係者からスカウトを受けその中からBig Hitを選び、約3年間1カ月のトレーニングを積んでいます。

 

『I-LAND』初登場時から注目度が高かったヒスンはオールラウンダーの才能の持ち主で周りからの信頼が厚いリーダーシップを兼ね揃え、常にテストの結果は上位にいたエース的存在として支持を得ていました!

 

ダンス・歌以外にも楽器やスポーツに関してもオールラウンダーな一面を持っています!さらには絶対音感の持主でステージに上がる前にピッチ合わせも出来ちゃうそうです!

 

なんでも小学生のときにお父さんのおならの音が「ソ」だとわかり自分が絶対音感だと気づいたそうです。

ジェイ/JAY

この投稿をInstagramで見る

 

ENHYPEN(@enhypen)がシェアした投稿

名前パク・ジョンソン(박종성)
生年月日2002年4月20日
出身アメリカ ワシントン州 シアトル
身長175cm
血液型B型
趣味料理 ショッピング

ジェイは9歳までアメリカに住んでいたこともあり英語が堪能!また、デビュー前から独学で日本語を勉強していることから日本語を流暢に話すことができます!

 

裏表のない素直な性格の持ち主でまっすぐで熱い男といった自分の気持ちに正直なところがあり、喜怒哀楽の感情が顔に出る特徴があります。

 

そのため「I-LAND」では飾らない自分らしさをさらけ出してファンを獲得したものの黒歴史と呼ばれる出来事も生み出しています!

 

ジェイが黒歴史と言われる所以は、

・初テストのときに希望のパートが得られず「恨み・怒り・羞恥心」という言葉を生み出した

・ストレス解消のためインタビュー中にハチミツを一気飲み!

・中間発表で最下位になり次に落ちるのは自分だと思いメンバーに手紙を書いた

などで、中でも「恨み(원망)・怒り(분노)・羞恥心(수치심)」という言葉からは韓国語の頭文字を取ってウォンブンス(원분수)というニックネームが付けられています!

 

今では本人もメンバーも公認の黒歴史製造機と呼ばれ、ENHYPENのいじられキャラとして確立しています!

 

ギャップがありつつもクールな見た目通り男らしさを持ち合わせているのも事実です!お正月に日本に戻れなかったメンバーのニキを寂しくないよう実家に招き一緒に過ごしたという優しく面倒見の良さをもっています!

ジェイク/JAKE

この投稿をInstagramで見る

 

ENHYPEN(@enhypen)がシェアした投稿

名前シム・ジェユン(심재윤)
生年月日2002年11月15日
出身韓国 ソウル特別市
身長175㎝
血液型O型
趣味音楽鑑賞 ショッピング 犬と遊ぶ

韓国生まれのオーストラリア育ちのジェイク。バイオリンが演奏でき友達も多く運動が好きで友達とよくサッカーをして遊んでいたそうです!

 

充実したオーストラリアでの生活でしたが歌手という夢を追いかけ韓国に1人でいくことを決意。デビューまでの間辛くて寂しい生活が来ることがわかっていましたがジェイクを動かしたのは「BTS」でした。

 

アメリカのビルボードで披露したBTSの「DNA」を観てファンになり自分もアイドルになりたいという夢を抱き、倍率500倍のグローバルオーディションに合格し憧れのBTSが所属するBig Hitエンターテインメントの練習生となりました。

 

練習生期間はわずか9カ月で「I-LAND」に出演。経験が浅いためかぎこちない部分もあり最初の評価は高くありませんでした。ですがテストが進むごとに実力が伸びていき驚きの成長スピードを魅せました!

 

短期期間で実力を伸ばせたのは休憩時間にも練習する必死の努力と絶対諦めないストイックさがあったからこそ。「練習の虫」と呼ばれるほどの努力を積み上げENHYPENでデビューしてからもその成長スピードは落ちていません!